子どもCOMPANY

『子どもCOMPANY』について

日本の心を大切にしながら、世界で生きていける力を身につける!

子どもたちが創る進化型カンパニー!それが『子どもCOMPANY』です☆

イベントのご案内

親子で農業体験

さつまいも作り(2019年11月~)

さつまいも作りの様子は、子どもサロン“きりだんごや”のブログでご覧いただけます♪

お米作り(2019年4月~10月)⇒終了しました!

2019年4月に種籾の芽出しから始め、10月には無事に収穫、脱穀することができました♪

初めてのお米作りで、手探り状態で7ヶ月間やってきただけに、籾からお米がひょっこり出てきたときは、子どもたちだけでなく、大人たちも感動を覚えました♪

お米作りの様子は、子どもサロン”きりだんごや”のブログでご覧いただけます♪

参加者の声
Hさん親子

親としてはこのご時世お米作りの体験なんて子供にさせてあげられるとは思っていなかったからすごく嬉しかった!普段はお世話して頂いて、ポイントポイントで参加させてもらえて、お米作りの大変さが伝わったようで良かったなーと♪

息子は脱穀がすごく印象的だったそうで。出来たらはい!白米ー!ではなく、実を外して殻を取って……と工程が多くてびっくりしたそう。そうだよね、口で説明しても分かりずらいし、経験するって本当に大切だと思いました

Mさん親子
稲を乾かすために束ねていきます

米作りを通して
子どもがごはんを食べるときに、時々、米作りのことを思い出して、「少し作るのもあんなに大変だったのに、お米作ってる人ってすごいよね」と言ってます。体験を通して作り手の大変さを少しでも感じることができてとてもよかったです。

Wさん親子
まずは土作りから!

体を動かす土いじりにハマり、黙々とすり鉢と向き合う脱穀にハマり、子どもより親の方が楽しんで参加していました。
出来上がりのお米は白米と混ぜて美味しく頂きました。
食べ物の大切さをきっと我が子も感じてくれたはず…と、信じています!

Uさん親子
台風に備え、苗を移動

「ある人から、本当に欲しいものは丹誠つくして手に入れなさい、と教わりました。今回のお米作りは、まさに丹誠つくして収穫までたどり着いたわけで、台風やらすずめの来襲やら、毎日の水やりやら、いろいろ乗り越えての収穫でした。お百姓さんの苦労が少しだけ体験できました!皆様お疲れ様でした!」

「お米作りを初めて体験してみて、おもしろかった!」

主催者:子どもサロン”きりだんごや”について

どんなときも“自分で決められる子ども”を育んでいく、子どもサロン『きりだんごや』です♪

『きりだんごや』は、年齢を越えて、子ども同士が遊びやお仕事を通して、楽しみながら、

  • 自分のやりたいことのビジョンを描く力
  • コミュニケーション力
  • 行動力
  • 自他を尊重する心

などについて学んでいける場です。

子どもに、

「受け身ではなく、自分で考えて行動できる子になってほしい。」

「自分の好きなこと、得意なことが分るようになってほしい。」

と思ったら、自分で将来を決めていく力を身につけられる子どもサロン『きりだんごや』に、是非一度遊びに来てください♪

ページの上部へ
タイトルとURLをコピーしました